London Review Sketch Book~スケッチブックと巡るロンドンのティールーム

London Review Sketch Book~スケッチブックと巡るロンドンのティールーム

「イギリスのお茶とお話」にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。今回は「London Review Sketch Book~スケッチブックと巡るロンドンのティールーム」と題して、クリエイターのEricoさんに、ロンドンのティールームとご自身の作品作りについてお話をうかがいました。また、Ericoさんの作品をtomokoさんがフード&スイーツで表現するというスペシャルコラボを実現しました。

スケッチブックを片手にロンドンの街を歩いた日々は、Ericoさんにとって作品のテーマを模索する、試行錯誤の時間。そして「好きなものを気持ちを入れて描く」という自分のスタイルにたどり着き、大好きな美味しいものや花をスケッチブック何冊分も描いた濃厚な時間だったそうです。

ロンドン、ティールーム、スケッチと、キーワードだけ聞いていると、オシャレで楽しい海外生活を想像してしまいますが、Ericoさんの当時の作品を見ながらお話を聞いていると、新しいものを吸収する喜びと、そこから自分のスタイルを生み出す苦しい楽しさが伝わってきました。繊細な線で美しい世界観を描いたEricoさんの作品の魅力は、ただ美しいだけでなく、Ericoさん自身の凛とした強さが作品から伝わるからなのでしょう。素敵な作品の背景にあるストーリーにも心打たれるひとときとなりました。

お茶パートでは、友美さんにイギリスのお茶の歴史や、暮らしの中にあるお茶文化についてご紹介いただき、Ericoさんがロンドンでお気に入りだったというお茶や、硬水と軟水で同じお茶を飲み比べるというワークショップも行いました。硬水で淹れたお茶は、見た目が黒っぽくなり、渋みがおさえられ、コクが出るためミルクと合うのだそうです。硬度によって違いはあるそうですが、硬水を買っておうちで試してみるのも楽しそうですね。

友美さんのお茶セレクト

・BREW TEAのイングリッシュブレックファースト ミルクティー
・同上 ストレートティー
・yumchaaのレッドベルベットブレンド
・BREW TEAとyumchaaのアールグレイ飲み比べ
・ラプサンスーチョンの硬水と軟水の飲み比べ

Tomoko Sugenoさんのフード&スイーツ

・スコーン
・カレーミートパイ
・レッドベルベットケーキ

Ericoさんのサイト:
https://pencake.theshop.jp
http://instagram.com/pencake15

お茶会当日は、スマホケースやカードを持ってきていただきました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA