【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省1~景洪到着

【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省1~景洪到着

2011年9月26日。
上海から昆明経由で約5時間、雲南省は西双版納(シーサンパンナ)タイ族自治州の州都、景洪に到着です。雲南省というと、北部のシャングリラや麗江、大理等の世界遺産が有名ですが、南部のお茶産地が目的の今回は、見送り。ひとつの省とはいえ、雲南省の面積は日本の国土面積とほぼ同じ。中国、広いです・・・!

シーサンパンナはラオス、ミャンマーと国境を接しており、気候や民族も東南アジアのよう。
プーアル茶の生産と少数民族が多いことが特色で、町の看板には必ず中国語とタイ族の言語が併記されているのです。写真は、シーサンパンナ空港と、私たちが泊まったホテルです。南国です。

景洪の町を歩いてみました。9月末とは思えない暑さです。
通りはきれいで、歩いている若者の服装も上海とさほど変わりません。いい車が走っているのは、プーアル茶で一儲けした方たちでしょうか。人々ものんびりしていて、わたしたちが想像する中国の田舎町とは、やっぱりちょっと違う雰囲気。

景洪港にも立ち寄りました。漢字の隣に書いてある文字がタイ族文字ですが、タイ在住歴のある夫に聞いたところ、現在のタイの文字ではないようです。
タイ族=タイ人のルーツというわけでもなさそうです。タイの人々は、タイ族のことを、ルー族と言うらしく、これはルー族の文字ということになるのでしょうか。

そして、目の前に広がるのは、メコン河です!中国名は瀾滄江と言います。
ここから船で10時間ほどメコン河を下り、タイのチェンセンに行くこともできるそうですが、現地で確認すると、その船は不定期運転で、1か月に1度あるかないかだそうです。旅行会社でも団体でないと手配できないらしいので、本気で乗りたい場合は事前に地元の旅行会社に連絡を取って、運航の予定のある日に合わせて景洪に行くのが確実です。

雲南省と言えば、やっぱり麺です!写真は涼面と言って、米で作った麺を冷やしていただく食べ方です。酸味と少し辛みのあるスープに、上に載った昆布の千切りとピーナッツ、香菜が美味~。上海でも雲南料理は人気でした。

そしてメコン河のほとりに広がる飲食街でオーダーしたのは、やっぱり現地ビールでしょ。
その名もメコン河ビール。メコン河の夕陽を見ながら、暑い一日の終わりです。

(つづく)

※写真や情報は2011年時のものです。
※当記事は、「上海情報ステーション」の掲載記事(2011年)を加筆修正の上、掲載しています。

 
関連記事:【旅と本】タイのお茶、アジアのお茶

※旅行作家である著者が、タイ国を中心としたアジア各地にお茶を求めて旅をするエッセイをご紹介しました。友美さんのお茶旅と合わせてお楽しみください。

 


田中友美

[ TEAスタイリスト ]
学生時代、北京留学をきっかけに中国茶に傾倒。大学卒業後、上海にて3年間勤務。世界の茶産地への旅をライフワークに中国茶をメインとしたイベントの開催や茶葉・茶器の販売などを行う。お茶を囲むことで生まれるご縁「茶縁」を大切に活動している。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA