【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省3~プーアル茶の旅前半

【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省3~プーアル茶の旅前半

今回、わざわざシーサンパンナまで来た目的は、プーアル茶の産地を訪れることです。
シーサンパンナには、景洪から西側のモンハイ県にある新六大茶山と、メコン河をはさんで反対側に位置する、古くプーアル茶の産地として栄えた古六大茶山、計12の主だった産地があります。

今回は、旧六大茶山のひとつである悠楽山のお茶工場を訪れました。景洪から車で40分ほど走ると、あたりは一面お茶畑です。標高が高くなるにつれ、樹齢百年以上という大きな古樹ばかりになってきます。

工場については事前リサーチをしていたわけではなく、現地でタクシーのドライバーさんに教えてもらいました。

お茶の産地では町の人が本当においしいお茶の味を知っていて、更にかなりの確率で親戚にお茶を生業としている人がいるため、「地元で聞く」と外れません。

工場に到着です。突然訪れたにも関わらず、運よく製茶の工程を見学させてもらうことができました。

ちょうど、茶葉を固形茶に成形する作業が行われていました。昔、ここから茶葉がはるか遠くまで運ばれていた頃に、保存と運搬の効率化のために固形にされたのだと言われています。

茶葉を測り、それを布で包み、その後成形機械を使って高熱で圧縮します。

できあがった茶葉は布を外して、台の上で熱さましです。きれいな茶葉ですね~。

写真のように、木板でできた型もあります。
プーアル茶はワインのように年数を置いて楽しむ人も多いので、自分の干支のものを買ったり、オーダーで名前を彫ったりということが流行っているようです。

この後、飲ませてもらったプーアル茶。
美味しすぎて、即購入です。400gの成形茶で400元(約5000円)と、いいお茶なのでいいお値段ですが、上海だと倍はするでしょう。

悠楽山は、今は基諾山とも言い、ジノ族が多く住んでいます。パッケージもジノ族で、かわいい。今年の生茶なので、2年ほど置いてからいただきたいと思います。

(つづく)

※写真や情報は2011年時のものです。
※当記事は、「上海情報ステーション」の掲載記事(2011年)を加筆修正の上、掲載しています。

 
関連記事:【旅と本】タイのお茶、アジアのお茶

※旅行作家である著者が、タイ国を中心としたアジア各地にお茶を求めて旅をするエッセイをご紹介しました。友美さんのお茶旅と合わせてお楽しみください。

 


田中友美

[ TEAスタイリスト ]
学生時代、北京留学をきっかけに中国茶に傾倒。大学卒業後、上海にて3年間勤務。世界の茶産地への旅をライフワークに中国茶をメインとしたイベントの開催や茶葉・茶器の販売などを行う。お茶を囲むことで生まれるご縁「茶縁」を大切に活動している。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA