【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省5~陸路でタイ入国前半

【世界のお茶】中国・お茶をめぐる旅:中国雲南省5~陸路でタイ入国前半

プーアル茶を堪能したところで・・今回の旅のもうひとつの目的、中国からタイへの陸路での入国です。

通常、雲南省から陸路でタイに入るには、景洪から勐腊(以下、モンラー)という国境近くの県までバスで移動し、ラオス・フエサイ行きのバスに乗ります。フエサイに着いてから少し移動し、メコン河を渡るとタイ・チェンコンです。

わたしたちは易武山へ行った後、地理的に景洪には戻らずにそのままモンラーまで送ってもらうことにしました。

途中の車窓からの景色はとてものどかでなんだか懐かしく、どこか知っている原風景のように感じました。

途中、熱帯雨林国家公園の望天樹風景区に立ち寄りました。スピードボートで川を10分ほど下り、そこから先が高さ40-80メートルもある巨大樹、望天樹の入口です。よっぽど植物に興味がある人でなければ、短いほうのトレッキングコースで十分だと思います。

特色として、望天樹に掛けられた高さ約30メートルのつり橋を渡ることができますが、さすがにコワイ・・・

ジャングルを満喫した後、モンラーの町に到着です。ここでタクシーのドライバーともお別れです。ほんの数日一緒にいただけですが、この頃には旅の仲間のような感覚に。お世話になりました!

モンラーでの最初の仕事、翌日のフエサイ行きのバスチケットは、モンラーのバス乗り場で入手できました。

この前日に景洪で手配しようと思ったのですが、乗車一日前でないと手配ができないと言われ、仕方なく場当たり的に。最初はチケット売り場のおばちゃんが「ない」と言うのを、何とか機嫌を取って「あるよね?あるはずだよぉ」とねばると「あ、あったわ」と言って、予約してくれました。みなさん、諦めずに、ねばりましょう・・。

チケットはこんな紙切れです。
翌朝8時半に出発するバスで国境越えを含む8時間の旅、お値段は98元(約1200円)です。出発時間が早いので、バス乗り場の隣にあったホテルにチェックイン。

なんと1泊1部屋60元でした(約900円)。上海だとありえない値段だな~。
雲南省の物価は思っていたより安かったです。ちゃんとツインベッドだし、お湯も出るし、下の宴会場から延々聞こえてくるカラオケはお愛嬌として、早めに就寝です。

(つづく)

※写真や情報は2011年時のものです。
※当記事は、「上海情報ステーション」の掲載記事(2011年)を加筆修正の上、掲載しています。

 
関連記事:【旅と本】タイのお茶、アジアのお茶

※旅行作家である著者が、タイ国を中心としたアジア各地にお茶を求めて旅をするエッセイをご紹介しました。友美さんのお茶旅と合わせてお楽しみください。

 


田中友美

[ TEAスタイリスト ]
学生時代、北京留学をきっかけに中国茶に傾倒。大学卒業後、上海にて3年間勤務。世界の茶産地への旅をライフワークに中国茶をメインとしたイベントの開催や茶葉・茶器の販売などを行う。お茶を囲むことで生まれるご縁「茶縁」を大切に活動している。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA