【旅と本】みちくさ3

【旅と本】みちくさ3

モデルであり女優の作者が、ふらりと散歩しながら、その場所で出会ったお気に入りの可愛いものや美味しいものを手描きの地図とイラスト、エッセイで紹介するシリーズ。第3弾となる「みちくさ3」では、日本を飛び出し、ニューヨーク、ロンドン、ポルトガル、そしてハワイへ。日本で、世界で「みちくさ」の旅を楽しめるご機嫌な一冊です。

旅は、妄想から始まる

何事も準備しているときが一番楽しいと言うけれど、旅本番もたっぷり楽しみたいから、何を着ようか考えたり、現地を歩いている自分を妄想しておきたいもの。旅立つ前のコラム「みちくさ旅じたく」や、旅の服装を紹介する「みちくさおしゃれ」では、楽しく可愛くみちくさの旅を満喫するヒントがたくさん詰まっています。歩きやすい靴と、何でも入る身軽な鞄、その場所のストーリーに合わせてお気に入りの服を選びながら、まだ知らない街角に思いを馳せる特別な時間。旅の気分にぴったりな組み合わせが決まったら、素敵な旅はもう始まっている気がします。

旅の地図を広げていく喜び

いつ見ても、いつまでも見ていられる手描きの地図は、可愛いものや美味しいものでギッシリ。大学で都市研究を学んだという作者の鋭くもあたたかな観察眼で、細かく細かく描き込まれています。もちろん、街で出会った人びとも、作者の地図の重要な登場人物たちです。街角で見かけた可愛い服装の女の子、ブーツをほめてくれた帽子屋のお兄さん、傘を杖がわりに持ったおじちゃんや、窓辺でひなたぼっこする素敵な帽子のおばあさん。たくさん歩いて、たくさん話して、たくさん食べて。いつの間にか、また食べたいものも、また会いたい人も、地図に加えられる道も、増えていく。どの街にもするりと溶け込んでしまう作者だから、自分のペースでみちくさをのんびり楽しめるのかもしれません。

「街も人も歳をとる。変わらない景色なんてないけれど、それでも私はみちくさをする」と語る作者。情報は色褪せていくけれど、みちくさ旅の記憶はずっと瑞々しいまま、地図の上に記録されていくのでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA